自毛植毛により薄毛が改善する仕組み

自毛植毛は、1年間に20万件以上実施されている薄毛治療で、後頭部の毛根組織を脱毛部に移植するという内容です。
定着率は80パーセント以上と報告されており、移植先で髪の毛が成長することになります。つまり、後頭部の髪の毛が脱毛部に移動するという仕組みで、自然な回復を実現することが可能です。



なお、自毛植毛はかつらや増毛と混同されるケースがありますが、これらとは根本的に異なっています。
自毛植毛は、あくまでも自分自身の髪の毛により薄毛を改善するという仕組みで、基本的には施術が完了した後はメンテナンスを受ける必要はありません。

このために、シャンプーや散髪も自由に行う事が出来ます。


また、自毛植毛は安全性においても非常に優秀で、拒否反応やアレルギーなどの副作用が生じる危険はほとんどありません。
これは、イングランドのプレミアリーグで活躍している有名サッカー選手のパフォーマンスが手術後も全く落ちなかったという事でも証明されています。
ちなみに、自毛植毛は移植できるだけの毛根組織が残っているという事のみが条件で、年齢や性別、薄毛の原因などはj不問です。


実際に、1年間に実施されているうちの10パーセント以上は女性が占めています。ただし、後頭部の毛根組織を移植するという内容のために、この部分が薄毛になりにくいAGAとの相性が非常に良好という特徴があります。



つまり、男性の薄毛の改善に向いているという事になります。